目標に向かうために 続けるコツ

こんにちは。

プリザーブドフラワーとポーセリンアーティストの長谷川素子です。

 

あなたは夢や目標がありますか?

私は毎年お正月に目標を立てるし、何かを学んだり知ったりするたびに目標を立て直すし・・・人生の在り方の目標はポスターを作って壁に貼っているほど(笑)

 

でも!!なかなか叶わないんですよね。

叶わないというか、自分の持久力が続かないと言いますか。

私はこんな自分との戦いだったように思います。

 

だけど私は自分の問題が「続かない」ことにあると現時点で見つけたので「続けるための方法を探し出す」とポイントを狭めることができます。

さてさてこれもコツ①

自分ができることに焦点を当てる

ついついできてないところばかりを見てしまってダメな自分を作り上げてしまいがちです。

私も子供の頃からずっと〇〇ができないから、〇〇がないから、・・・と理由をあげ連ねてはだから私は出来ないんだと結論付けていました。

今も「できない」を探してしまいます。「続かない」と言っていますもんね。

でもここからさらに続けるのです。

ここまで的を絞れたじゃん!!と。

実際問題点はより細かく、より具体的にすることで解決策も見つけやすくなるし、自覚もできるのです。

もっと簡単に言うと「自分をほめて伸ばしてあげる」ですね。

 

次はこの「続かない」の解決策ですが・・・

私が見つけた方は記録更新を狙わないです。

私はついつい何かを始めるときに

まず「三日坊主にはならないぞと誓い」、

次に「おっ!3日続いた。次は1週間だ、次は1ヶ月だ」と記録を伸ばすことにモチベーションを持っていきがちなのです。

 

でも問題はここからです。

きっとあなたもご経験があるのではないでしょうか?

疲れていたり、気が抜けて1日空いてしまった後の結末・・・!!

 

急激にやる気がなくなってしまうのです。

「ひとまずこんなんじゃダメ。明日こそ復活させなきゃ」と思うものの、

1日空いたことで何だかもう「完璧じゃない」ことが嫌になってくるのです。

 

今までは「やれなかった日を作らない」が解決策だと思っていたので、決めたことを全部やれなかったとしても短縮バージョンをやるとか代わりの何かをやるとかいろいろ工夫してきました。

でもやっぱりできなかったという意識は変わらずあるし、やっぱりフェードアウトしていつの間にかやらなくなっているのです。

だから今は続けるために続けることにこだわらないという意味で記録更新を狙わないを解決策にしています。

 

今日が出来ても出来なくても、明日は1日目。

これが毎日。

それだけです。

だから私は毎朝手帳に今日やることを書き出すのですが、毎朝同じことでも書きます。

 

これを繰り返していたらやれなかったことが罪悪感でなくなってきました。

だからと言ってやらなくていいやーとはならないから大丈夫です。

だって自分の目標のためにやるんです。

やらなくていいやーとなれるなら最初からできなくても失敗したなんて思わないでしょ。

 

少し時間はかかりますが、自分の内側から変えていけば最強です!!

出来なかった私が少しずつ変われた方法なので、ちょっとだけエビデンスもあるのです♪