プリザーブドフラワーのオリジナルアレンジ構築メソッドはコンテストでも使えます

  • HOME
  • ブログ
  • プリザーブドフラワーのオリジナルアレンジ構築メソッドはコンテストでも使えます

こんにちは。

プリザーブドフラワーとポーセリンアーティストの長谷川素子です。

 

プリザーブドフラワーアレンジの制作時にそのアレンジの使う状況や目的を事細かにリアルに設定して作る!という方法を何度かお届けいたしました。

これだけのことですが、私はコンテストもこの方法で出品できました。

 

この時設定に登場したのは友達のMちゃんではなく・・・

未来の自分

 

① こうであったらいいな、という自分を決めて

② その時の自分がどこにどういう姿でいるかも決めました

 

①は・・・

・プリザーブドフラワーの仕事で大きな舞台で展示する

・笑顔でいる

・たくさんのご縁に恵まれていて心から感謝をしている

・毎日ぐっすり眠れる

・・・・このような感じです。少し恥ずかしいですね(笑)

そして②は・・・

・自分の作品や仕事で繋がってパーティに参加している

・そのパーティでの私はたくさんの人とにこやかに挨拶をして堂々とふるまっている

・次はいよいよ私が皆の前で自己紹介をする番!!!まさにこの時の自分

 

このような感じです。心の中を見せるのは本当に恥ずかしいけれど(笑)

 

 

この頃いろいろ悩みや問題を抱えていて、毎日疲れていたんです。

自分には乗り越えられないと思うことが本当にたくさんで。

具体的な問題もあれば、心配しすぎて問題でないことまで問題にしていたという仮想のものまでありました。

そしてそのころ他人の目がすごく怖くもあり、他者からの評価にとても敏感でした。

そういうものから逃げてもいいし、一つ一つ解決してもいいのだけれど、とにかくもっと軽やかに自由に、そして華やかに生きたいと願っていたのです。

そしてもちろん、そんな自分で仕事で活躍したいとも。

 

そこで作ったのが

こちらのショールです。

 

②でパーティに参加している私が今まさに自己紹介のスピーチの番を迎えていると設定していたでしょ。

その私がドレスの上に着ているショールです。

 

きっと私がさっき書いたような内向的な人間だったからこその、想像力で生まれた方法かもしれないですよね。

だから今となってはダメダメな自分にも感謝なのですが、この当時はかなり本気でやっていたのです。

 

この作品は賞もいただけて、ちょっといい思い出になりました。

 

こんな風に笑われそうなくらい本気で想像して、その時その場のアレンジを作ってみるって意外と効果があるんですよ!!

よかったらぜひお試しいただきたいなぁ。

 

 

 

 

 

 

 

こうあったらいいな、という自分を決めて