Boite a surprise

大人かわいく、オリジナリティあるプリザーブドフラワーアレンジ-Boite a surprise

 

商品カテゴリ

コンテンツ

HOME»  母の日の始まり

母の日の始まり

5月の第2日曜日は、お母さんに感謝の気持ちを伝える「母の日」です。子供の頃から、似顔絵を描いたりカーネーションを贈ったりした思い出のある方も多いことでしょう。ところで、母の日の由来や赤いカーネーションを贈り始めたのはいつからなのでしょうか?

母の日にカーネーションを贈るのはいつから?

母の日は母の死に遭遇したアメリカの少女「アンナ」が、生前に母を敬う日を設けようと働きかけたことがきっかけだというのが有力です。1905年の5月に始まったこの働きかけがアメリカ全土へと広まり、1914年には当時のアメリカ大統領によって、5月の第2日曜日が母の日として制定されました。母親が好きだった白いカーネーションをアンナが祭壇に飾ったことから、母親が生きていれば赤いカーネーションを、亡くなっていれば白いカーネーションを胸に飾る習慣が広まりました。母の日の由来には、他にも様々な説が存在しています。

例えば古代ギリシア時代には、神々の母であるリーアに感謝するための祭りが行われていたり、17世紀のイギリスでは家を離れて仕事をする労働者たちが家に帰って母親と過ごす日を設けていたことが、母の日の由来であるという説もあります。

日本で母の日が始まったのはいつから?

日本で母の日を祝い始めたのは、明治の末期頃といわれています。1915年に教会で母の日を祝ったことがきっかけとなり、民衆へと徐々に広まっていきました。

昭和に入ると皇后の誕生日である3月6日を母の日としていましたが、戦後しばらくしてアメリカと同じ5月の第2曜日を母の日と制定し、現在に至っています。母の日の由来には諸説ありますが、母親に感謝を伝える特別な日は世界中で古くからあったことがわかります。

母の日にカーネーションを贈るなら、プリザーブドフラワーのカーネーションを選びませんか?特殊技法によって作られたプリザーブドフラワーは、ドライフラワーに比べても限りなく生花に近い質感と鮮やかな色合いが美しく、長持ちするのが魅力です。当ショップでは、カーネーション以外にも母の日アレンジを施したプリザーブドフラワーをご用意しておりますので、感謝の気持ちを込めたプレゼントとしておすすめです。他にも、通販ページより様々なイベントやブライダルにおすすめのギフトアイテムをお買い求めいただけます。