Boite a surprise

大人かわいく、オリジナリティあるプリザーブドフラワーアレンジ-Boite a surprise

 

商品カテゴリ

コンテンツ

HOME»  プリザーブドフラワーでバラが多い理由

プリザーブドフラワーでバラが多い理由

菊とともに日本の国花でもある桜は、日本人が好きなお花として有名です。それ以外にも国を問わず、人気の高いお花のひとつにバラがあります。愛と美の象徴とされるバラは、世界中の人たちから好まれるプリザーブドフラワーにも最適なお花です。そんなプリザーブドフラワーにバラのお花が多い理由はいくつかあります。こちらでは、プリザーブドフラワーでバラが多い理由をご紹介します。

加工のしやすさ

バラは日本を含め、世界中の人たちから好まれているお花であると同時に、加工のしやすさがプリザーブドフラワーとして選ばれる理由のひとつです。お花のつくりや花びらのつき具合がしっかりしており、なおかつ、花びらに厚みもあるので加工しやすいのです。バラ以外にもカーネーションやアジサイ、ランなども比較的加工しやすいため、プリザーブドフラワーに適しています。

バラが持つ存在感

お花の中でも独特な存在感を放つバラ。愛と美の象徴とされながらも、お花の色に応じても様々な花言葉を持ち合わせています。アジアのイラク、イラン、サウジアラビア、ヨーロッパのイギリス、ブルガリア、ポルトガル、ルーマニア、アフリカのモロッコなどはバラを国花としています。バラを国花とする国が多いことからも、バラが持つ存在感の大きさが感じられます。

安定した生産量

バラは季節を問わず、年間を通して生産量が安定しており、生花の中でも流通量が非常に多いです。このことが、プリザーブドフラワーの多さにも繋がっています。赤道直下のエクアドル、コロンビア、ケニアなどは、バラの生産地としても有名で、近年では韓国やインドからも多くのバラを輸入しています。日本国内では、愛知県や静岡県などで多くのバラが生産されています。

当ショップでは、大人かわいくオリジナリティを大切にしたプリザーブドフラワーを、通販にてご用意しております。バラをアレンジした様々なアイテムも揃えておりますので、バラがお好きな方へのプレゼントに最適です。誕生日やホワイトデー、敬老の日、クリスマスなどのプレゼントをお探しの際は、お気軽に当ショップをご利用ください。